サービス概要

エコして得するポイントサービス!

古紙・ペットボトル・空き缶を投入すると、重量が計測され専用エコポイントカードにポイントが加算されます。古紙1kgあたり1エコポイント、ペットボトル・空き缶1本あたり0.2エコポイントが加算されます。500エコポイント貯まれば、500円の平和堂商品券と交換できます。

※(えこすぽっと)(ecoひろば)のカードとの共用はできません。
複数カードのポイント合算はできません。

設置店舗一覧へ

駐車場に常設

回収ボックスは、お店の駐車場に常設

だから、買い物ついでに、いつでも不要になった古紙・ペットボトル・空き缶をお持ちください。回収量に応じたポイントがたまって、平和堂商品券と交換できます。

※Rステーション営業時間は、設置店舗により異なりますのでご注意ください。

ポイントカード発行〜
平和堂商品券との引き換えまでの流れ

  • 1.各店舗のインフォメーションやサービスカウンターにてカードをお受け取りください。
    会員登録は不要、どなたでもご利用いただけます。

  • 2.Rステーションへ、資源物をもってGO!受け取ったカードを各種回収機にかざして利用開始。

  • 3.古紙は1kg=1エコポイント、飲料容器(ペットボトル・缶)は1本=0.2エコポイント
    (キャンペーン時にはこのポイントが2倍や3倍に!賢く貯めよう!)

  • 4.ポイントが500ポイントを超えると
    500円分の商品券の引換券を発券できます。

  • 5.引換券をもって、カード発行場所へ行き、平和堂の商品券と引き換えてもらおう!

  • 6.商品券を使ってお買い物!

投入方法および操作方法

古紙
リサイクルポイントシステム利用の仕方

専用ポイントカードはサービスカウンターでお渡しします。

  1. 古紙計量器の前にお立ちください
    お客様は操作端末の前に立ちます。人感センサーで自動的に初期の画面が立ち上がります。
  2. カードスキャン
    ポイントカードのカード真ん中のQRコードを画面下のリーダーにかざします。
  3. 重量測定開始
    ①古紙(新聞、雑誌)を横のハカリに載せます。
    ②全て載せ終えたら確認ボタンを押します。重量の計測を開始します。
  4. 重量測定中
    載せられた古紙を計測している状態です。
  5. 重量計測終了
    重量の計測が完了しポイント数が決定しました。ボックスに古紙(新聞、雑誌)を入れます。入れる際は、それぞれ専用のボックスに投入します。
  6. ありがとう表示
    両方の軽量値が一致した際にありがとう画面が表示し、お買い物ポイントに蓄積します。
  7. 商品券の引換券発行
    ポイントが500ポイントを超えると自動的に500円分の商品券の引換券が発行されます。
ペットボトル
回収機の利用の仕方

専用ポイントカードはサービスカウンターでお渡しします。

  1. カードスキャン
    ポイントカードのカード真ん中のQRコードを画面下のリーダーにかざします。
  2. ペットボトルを入れる
  3. 回収終了
    全部入れ終わったら終了ボタンを押してください。

    ※ボタンを押さないとポイントがつかないので注意してください!(30本入れると一旦終了して自動的にポイント加算されます。30本以上の際は再度カードを読み込みが必要。30本未満の時は終了ボタンを押すと自動的にポイント加算となります。)

  4. ポイントの確認をするには
    ポイントの確認は古紙端末機でできます。ポイントが500ポイントを超えると自動的に500円分の商品券の引換券が発行されます。

    ※複数カードのポイント合算はできません。

空き缶
回収機の利用の仕方

専用ポイントカードはサービスカウンターでお渡しします。

  1. カードスキャン
    ポイントカードのカード真ん中のQRコードを画面下のリーダーにかざします。
  2. 空き缶を入れる
  3. 回収終了
    全部入れ終わったら終了ボタンを押してください。

    ※ボタンを押さないとポイントがつかないので注意してください!(30本入れると一旦終了して自動的にポイント加算されます。30本以上の際は再度カードを読み込みが必要。30本未満の時は終了ボタンを押すと自動的にポイント加算となります。)

  4. ポイントの確認をするには
    ポイントの確認は古紙端末機でできます。ポイントが500ポイントを超えると自動的に500円分の商品券の引換券が発行されます。

    ※ポイントの確認は古紙端末機で出来ます。古紙端末機にカードをかざし500ポイントを超えていると、500円分の商品券の引換券を発券できます。

リサイクルステーションTOP