平和堂の取り組み

ドミナント経営

平和堂は毎日の生活に必要な衣・食・住に関わる商品を総合的に取り扱っており、関西・東海・北陸エリアに150店舗を展開。
ドミナント経営を行い、”その地域になくてはならない店づくり”をコンセプトに【アル・プラザ】や【フレンドマート】などの店舗を展開し、豊富な品揃え、
お買い物代行などのお客様へのサービス、売場作りを行い、シェアを広げています。
※ドミナント経営とは、一定地域に多店舗を集中して出店し、点ではなく面で優位を占める店舗戦略をいいます。

店舗展開

平和堂には、こだわりの商品が豊富に揃う大型店「アル・プラザ」と、毎日の食料品や日用品のお買い物に便利な「フレンドマート」があります。また近年では、平和堂は「フレンドマート」を核とし、ドラッグストアやホームセンターなどのテナントを持つ中型店「フレンドタウン」も出店しています。

アル・プラザ

アル・プラザはアル(ALL=すべて)プラザ(PLAZA=集まる場所)という意味です。感度の高い充実した品ぞろえで、お客様に豊かなライフスタイルをご提案しています。専門店やレストラン、レジャー施設などで構成されており、複合型ショッピングセンターとして楽しく豊かな生活文化を提供しています。

フレンドタウン

フレンドタウンは食料品と衣料品を取り扱う直営店舗「フレンドマート」を中心に、食品などの各種専門店や飲食ができる休憩エリア「フレンドコート」で構成しています。お客様のお買い物が楽しく、笑顔あふれる日常を演出する地域に密着したショッピングセンターを目指してまいります。

フレンドマート

フレンドマートは日々の暮らしに必要な食料品を中心とした品ぞろえで生活を支える「生活便利店」として地域の皆様に親しまれています。地域のお客様に毎日ご来店頂けるよう選びやすく買いやすい売場づくりを行っています。

チェーンストア

平和堂は、店舗と本部が協力しながら経営を行うチェーンストアです。
「平和堂」を元手に、経営方針、サービスの内容、外観などに統一性を持たせ、多数の店舗の運営や管理を連鎖的に行う経営形態をとっています。
つまり、1店ではできるはずのないことを、特別に工夫された経営上のシステムによって実現し、人々に豊かな“暮らし”を提供する社会的インフラというのが、チェーンストアなのです。

HOPカードを活用したマーケティング

平和堂のオリジナルカード「HOPカード」は、お買い上げ100円(税抜)ごとに1ポイントを加点し、1,000ポイントで現金1,000円をキャッシュバックするサービスです。
創業から続くお客様への感謝の精神を大切にし、お客様への利益還元のテーマのもと誕生したHOPカード。カード累計枚数は300万枚を越え、お買い物の際のカード提示率は約80%に達し、お客様の暮らしにしっかりと根付いています。
また、HOPカードで得た情報は、貴重なマーケティングデータとして、より顧客満足度の高いお店づくりの実現に役立っています。

物流センター

莫大な量の商品を毎日販売する平和堂では、自社の物流センターを保有することで、効率的な物流体制構築を実現しています。物流センターを経て納品される商品は全体の約8割を占め、基幹となる「多賀流通センター」からは1日約7万ケースが出荷されます。店舗への商品配送と仕分けはもちろん、ギフト商品や大型家電の配送・設置業務も担当しており、その件数は年間100万件を超えます。営業活動をサポートしています。物流システムのさらなる効率化を推進してまいります。

平和堂の取り組み

平和堂リクルーティング2018エントリーはこちらから